ヴィークについて

ヴィークについて

HPV9価ワクチン接種できるようになりました

2021.2.26

HPV9価ワクチン接種ができるようになりました。

ご希望の方はご予約下さい。

 

※ご予約された方は「ワクチンQダイアリー」システムへの登録が必要となります。
  下記サイトへアクセスし、事前登録をお願い致します。

 

 https://vaccine-q-diary.com/user/lp/

 

 

HPVワクチンの種類

●ガーダシル(4価ワクチン)

HPVの16型と18型に加えて尖圭コンジローマの原因となる6型、11型に対して感染予防効果があります。

(初回、2ヶ月後、6ヶ月後の3回のワクチン接種が必要です。)

●サーバリックス(2価ワクチン)

HPVの16型と18型に対する感染予防効果があります。

(初回、1ヶ月後、6ヶ月後の3回のワクチン接種が必要です。)

●シルガード9(9価ワクチン)

HPVの16型、18型、31型、33型、45型、52型、58型(子宮頚がんの原因)と6型、11型(尖圭コンジローマの原因)に対して感染予防効果があります。9歳以上の女性に接種できます。

(初回、2ヶ月後、6ヶ月後の3回のワクチン接種が必要です。)

 

料金

●ガーダシル、サーバリックス:初回 16,500円 2回目 16,500円 3回目 16,500円(税込)

●シルガード9       :初回 30,000円 2回目 27,000円 3回目 27,000円(税込)

ガーダシル、サーバリックスは公費負担の対象になります。

小学6年生~高校1年生は、お住まいの市町村の予防接種担当課へお問い合わせの上、接種券をもらってきてください。

※シルガード9は接種券の対象にはなりません。

 

注意事項

●接種希望日の2週間前までにはご予約ください。

●シルガード9は接種登録が必要です。接種当日はスマートフォン等の端末をご持参ください。

●HPVワクチンは接種後30分程お休みいただいてからのご帰宅になります。

 

子宮頚がんを予防しよう!~子宮頚がんと予防ワクチン(HPVワクチン)について

子宮頚がんとヒトパピローマウイルス(HPV)

子宮頚がんは子宮の出口にできるがんです。近年20~30代の女性に増えており、この年代の女性がかかるがんの中で最も多いものです。

子宮頚がんの原因は発がん性(ハイリスク型)のヒトパピローマウイルス(HPV)の感染です。HPVは性交により感染します。約8割の女性が生涯に一度は感染する、ありふれたウイルスで、性交を持つ限り、何度でも感染する可能性があります。

HPVに感染しても、90%は免疫力で自然にウイルスが排除されますが、約10%はHPVの感染が持続し「子宮頚部異形成」という前がん状態になります。この段階であっても80~90%はウイルスが排除され自然治癒しますが、最終的にはHPV感染者の0.15%が数年~10年を経て子宮頚がんに進展します。

子宮頚がん検診と治療

子宮頚がん検診(子宮頚部細胞診)は、子宮の出口を覆う細胞をこすりとってがんが無いかどうかを調べる検査です。子宮頚部異形成という前がん状態以上のものを見つけることができる感度が高い検査です。1年に1回検診を受けていれば、前がん状態の段階で発見することができます。

この段階で見つけることができるかどうかで、子宮を温存できるかどうかが決まります。つまり、前がん状態が見つかっても80%以上の人が自然治癒しますが、前がん状態が治癒せず残念ながらがんに近い状態または早期のがんに至ってしまった場合には、子宮頚部の部分切除を行います。この手術で100%治癒させることができ、また子宮は温存できるため、妊娠・出産が可能です。女性にとってはこの段階で発見できるかどうかは、人生の選択にかかわる大切なことです。

HPVワクチン

2009年、日本でもHPVワクチン(子宮頚がん予防ワクチン)の発売が開始されました。ハイリスク型HPVには16型・18型・52型・58型・33型・31型など、約15種類の型があります。日本人の場合は、このうちの16型が原因で子宮頚がんになる人が、子宮頚がんの女性全体の45%、18型が原因の人が14%を占め、特に18型は「子宮頚部腺がん」という検診で見つかりにくい予後が悪いがんの原因として最も多いとされています。

従来のHPVワクチンは、HPV16型・18型に対する免疫をつけるワクチンです。このワクチンを接種すると、子宮頚がんの原因の約65%を占めるウイルスへの感染を防ぐ免疫力(抗体)がつくため、理論的には子宮頚がんの65%を防ぐことが可能です。また、新たにHPV16型、18型、31型、33型、45型、52型、58型に対するワクチンができました。このワクチンでは子宮頚がんの原因となるHPV型の約90%をカバーします。

サブユニットワクチンと言われるウイルスのDNAを含まないワクチンですから、ワクチン接種によりウイルスに感染する確率はゼロです。副作用も少なく、注射部位の痛みや腫れが主な副作用ですが、重篤な副作用の危険性は他のワクチンと同程度かそれ以下です。 3回のワクチン接種を行って初めて有効な免疫力が付きます。

感染を防ぐ効果は10年以上持続するとされていますが、正確にいつまで効果が続くかは不明です。ただ、推計によると20年程度は効力が続く可能性があるとされています。

 


美容健康注射

美容健康注射 VieC Injection Bar
疲労回復・ストレス・アンチエイジング・美肌づくり等に効果的なビタミン注射(点滴)を行っております。

診療受付時間

【月曜日~土曜日】
午前9:15~13:00

【火曜日~金曜日】
午後14:15~17:30

※CPAP外来のみ月曜日は17:30まで
※内科木曜日午後は16:00まで受付をしております
※内科 水曜日午後は検査対応日のため受付できない時間帯があります
※婦人科午後は16:30までの受付となります
※受付状況によっては早めに終了する事があります

お電話でのお問い合わせ 076-235-4114

交通アクセス

〒920-0858
石川県金沢市木ノ新保町1番1号
金沢百番街 あんと 西4F

提携駐車場について アクセスマップ

藤聖会グループ施設

  • 富山西総合病院
  • 医療法人社団藤聖会 八尾総合病院
  • 女性クリニック We! TOYAMA
  • 富山サイバーナイフセンター
  • 藤聖会グループ 老人保健施設